医療法人健朋会について

◆肺炎球菌ワクチンとは?
胃カメラは苦しくない? 
細径内視鏡と経鼻内視鏡
◆ピロリ菌って、何?
◆胃潰瘍治療のここが変わった
◆大腸内視鏡検査

◆禁煙のススメ

◆予防接種の公費助成
◆インフルエンザワクチンについて



















〒700-0056
岡山市北区西崎本町4-3
医療法人健朋会 
佐々木医院

胃カメラは苦しくない? 細径内視鏡と経鼻内視鏡


胃や食道の観察をする内視鏡検査(ここでは、わかりやすく胃カメラと呼びます*)は、以前は、胃カメラ自体の直径も太く、検査前の処置などが不十分であったため、受診者にとっては、とても苦痛の多い検査でした。

咽頭(いんとう)麻酔など前処置の工夫で改善をしてきたものの、挿入時の「喉ごしの不快感」、「嘔吐反射(えづき)」、唾液誤飲による「咳そう反射」などの課題があり、検査時の鎮静剤の使用などを余儀なくされてきました。
そこで、ラクに検査が受けられるように胃カメラの開発が行われ、従来スタンダードであったものよりも外径で約3mm細くなった細径のものが開発されました。



当院で採用している外径約5mmのXP-260です。この胃カメラで、嘔吐反射等はほとんど減りました。敏感な方では鎮静(いわゆる静脈麻酔)が必要なことがありますが、ずいぶんと検査がラクになっています。


一方、口を通さず鼻から入れる胃カメラは、嘔吐反射を引き起こす舌根部分を通らずに、食道入口部にまで届くので、よりラクに胃カメラを飲むことができるようになりました。嘔吐反射が少なく検査中に意識がある状態で受けることができます。検査中でも医師と会話ができます。質問をしたり、気分を伝えたりできるので、安心して検査が受けられます。




ただし、経鼻内視鏡の場合、鼻出血を起こすことが稀にあります。したがって、血をサラサラにする薬剤を服用中とか、鼻の病気をお持ちの場合は、経鼻での検査はできないこともあります。経鼻内視鏡は一般の内視鏡と比較すると画質がやや劣り、また、行える処置も限られます

 

*「胃カメラ」は本来、現在の内視鏡の元祖ともいえる機器で、先端部分にフィルム式カメラを付けた装置でしたが、方式が違う現在の内視鏡になっても慣用的に「胃カメラ」の名称が使われたりします。こちらの名称の方がわかり易いようなので、あえて「胃カメラ」と表現しています。